HOME

      3月のご挨拶

 千鳥ヶ淵のお堀端の夜桜 

          

 

          親愛なる皆様
 
「三寒四温」
冬の名残と春の兆しが鬩ぎあう日々。
桜の開花が待たれます。
古今和歌集、巻第一春歌上、
在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)の歌。
世中(よのなか)にたえて桜のなかりせば
 春の心はのどけからまし

(意味は、世の中に桜の花などなければ
 人の心はおだやかだろうに、なまじ
 桜があるばかりに、咲くまでは、いつ咲くか
 咲いたらいつまで花は保っていられるかと
 そわそわしてしまう。)
季節の変化、時代の移り変わりを感じながらも、
花粉症にも負けず、元気に毎日楽しくお過ごしくださいませ。
 
 
 メルヘン 店主