HOME

7月のウィンドウ


右のウインドウ

 「saint-exupéryへのオマージュ」

あまりにも有名な「星の王子さま」を書いたフランスの作家で
パイロットだったサンテグジュペリは
1944年7月31日(土)快晴の日に空の彼方へ消えて逝きました。

フランス製の紙の扇とR.YONEYAMA氏の新作「鳥かごのフェアリー」
シュタイフ シマウマアラートとチェレズイオとセーブルのスフィンクスを飾りました。


左のウインドウ

 「saint-exupéryへのオマージュⅡ」

「星の王子さま」より
  「僕は、あの星のなかの1つに住むんだ。その1つの星のなかで笑うんだ。」
  「だから、きみが夜、空をながめたら、星がみんな笑ってる様に見えるだろう。
    すると君だけが、笑い上戸の星を見るわけさ」

 詩のような童話「星の王子さま」を書いたサンテグジュペリ
 (1900年6月29日~1944年7月31日)は44歳の短い生涯でした。

 フランス製の紙の扇とスペイン、リアドロ製の「飛行少年」
 デンマーク ロイヤルコペンハーゲン製の「キツネ」と
 ブロンズ製のうさぎ(生産国不明)を飾りました。